ロスミンローヤルの副作用が気になる!安全性は大丈夫?

薬やサプリメントについては、副作用に関する話題をよく耳にします。
ロスミンローヤルも医薬品なので、副作用の有無が気になっている人もいるのではないでしょうか。
ここでは、ロスミンローヤルの副作用や安全性についてご紹介します。

第三類医薬品は比較的リスクが低い医薬品

医薬品には副作用がつきもので、場合によっては重篤な副作用が発生するリスクがある医薬品もあります。
ロスミンローヤルについても、そうした副作用の有無は心配になるものです。

ロスミンローヤルの副作用を考える上でポイントとなるのが、第三類医薬品という分類です。
一般用医薬品は一類から三類までの3種類に分かれていて、副作用のリスクが高いものから順に番号が付けられます。
ロスミンローヤルは第三類医薬品に分類されているので、比較的副作用のリスクが低い医薬品とされています。
そのため、基本的には副作用の心配はあまりないといえます。

しかし、いくらリスクが比較的低い第三類医薬品といっても、体質やその日の体調などによって副作用が発生する可能性はあります。
ロスミンローヤルを初めて飲む場合や、不調を感じている場合などは、特に副作用の可能性を頭に入れておきましょう。

ロスミンローヤルで起こりうる副作用

ロスミンローヤルに添付されている説明文書には、起こりうる副作用として次のようなものが記されています。

  • 皮膚の発疹、発赤、かゆみ
  • 吐き気、食欲不振、胃部不快感

また、副作用としては記されていませんが、服用後に現れる可能性がある症状として下痢便秘が記されています。
女性特有のものとしては、生理が予定より早くきたり、経血量が多くなったりといったこともあるようです。
こうした症状が万が一発生した場合には、すぐに服用をやめて医師や薬剤師に相談しましょう。

とはいえ、第三類医薬品であることからそれほど神経質になる必要はないでしょう。
用法用量をしっかり守って服用することが大切です。

ロスミンローヤルの公式サイトをチェック